Mini ALBUM
オローラになれなかった人のために
1992.04.25

專輯封面

1. 魔法
2. 田舎の生活
3. ナイフ
4. 海ねこ
5. 涙
 
滑鼠點擊日文歌詞中的變色字串,可參看相關註解。
*如欲轉載中譯歌詞,請務必註明出自
織歌蟲網站




オーロラになれなかった人のために
因為是成不了極光的人

1. 魔法
詩・曲:草野正宗/編曲:長谷川智樹 with スピッツ

消えてしまいそうな老いぼれの星も
最後の祈りに耳をすませてる
サビついた自由と偽物の明日
あの河越えれば君と二人きり

もう離さない 君がすべて
風は冷たいけど

胸の谷間からあふれ出た歌は
果てしない闇を切り開く魔法

もう離さない いつまでも
風は冷たいけど

 

 

1. 魔法
中譯:Orika

連那老眼昏花到快消隱的星星
也洗耳恭聽著我們最終的祈願
生鏽的自由與虛偽的明日
飛越過那條河 和你單獨兩個人

不再離開 你是我的全部
縱使寒風刺骨

從胸中的峽谷湧流而出的歌兒是
劈開無邊黑暗的魔法

不再離開 直到永遠
縱使寒風刺骨

2. 田舎の生活
詩・曲:草野正宗/編曲:長谷川智樹 with スピッツ

なめらかに澄んだ沢の水を ためらうこともなく流し込み
懐かしく香る午後の風を ぬれた首すじに受けて笑う
野うさぎの走り抜ける様も 笹百合光る花の姿も
夜空にまたたく星の群れも あたりまえに僕の目の中に

必ず届くと信じていた幻
言葉にまみれたネガの街は続く
さよなら さよなら 窓の外の君に さよなら言わなきゃ

一番鶏の歌で目覚めて 彼方の山を見てあくびして
頂の白に思いはせる すべり落ちていく心のしずく
根野菜の泥を洗う君と 縁側に遊ぶ僕らの子供と
うつらうつら柔らかな日差し 終わることのない輪廻の上

あの日のたわごと 銀の箱につめて
さよなら さよなら ネガの街は続く
さよなら さよなら いつの日にか君とまた会えたらいいな

 

 

2. 鄉村生活
中譯:Orika

流暢清澈的山澗 毫不躊躇地奔流不息
飄送懷念芳香的午後微風 拂過汗濕的頸背 笑逐顏開
野兔縱橫原野的模樣 和野百合閃閃動人的倩影
以及夜空中眨著眼的滿天星斗 理所當然地映入我眼簾

曾相信必定能抵達的幻象
這充斥著言語而(從真實)反白(negative)的街道 迢遞不斷
再見 再見 該跟窗外的你 道聲再見

在最早的雞啼頌歌中醒來 望著彼方山脈打了個呵欠
遙想著山頂的雪白 化作悄然滑落的心靈露滴
沖洗著塊根蔬菜上泥土的你 和在廊簷下戲耍著的我們的孩子
悠悠忽忽軟綿綿的陽光 照在無止盡的輪迴之上

將那天的戲言 塞進銀色箱中
再見 再見 反白街道迢遞不斷
再見 再見 來日若能與君重逢 吾願足矣

3. ナイフ
詩・曲:草野正宗/編曲:長谷川智樹 with スピッツ

君は小さくて 悲しいほど無防備で
無知でのんきで 優しいけど嘘つきで
もうすぐだね 3月の君のバースデイには
ハンティングナイフのごついやつをあげる 待ってて

君がこのナイフを握りしめるイメージを
毎日毎日浮かべながらすごしてるよ
目を閉じて不完全な部屋に帰るよ
いつになっても  晴れそうにない霧の中で

果てしないサバンナを行く しなやかで強い足で
夕暮れのサバンナを行く ふり向かず目を光らせて
血まみれの夢許されて 心が乾かないうちに
サルからヒトへ枝分かれして ここにいる僕らは

蜜柑色の満月が膨らむ午後 6 時に
シルバーのビートルを見かけたんだ20 で
今度こそ何かいいことがきっとあるだろう
いつになっても 晴れそうにない霧の中で

君は小さくて 悲しいほど無防備で
無知でのんきで 優しいけど嘘つきで
もうすぐだね 3月の君のバースデイには
ハンティングナイフのごついやつをあげる 待ってて

 

 

3. 刀子(knife)
中譯:Orika

你是那麼地小 毫無防備到近乎悲哀
無知而無憂無慮地 雖然溫柔卻是個騙子
就快到了吧 在你 3 月的生日那天
我會送你一把獵刀(hunting knife)這類粗獷玩意兒 等著吧

日復一日 我腦海中一邊浮現著
你緊緊握住這把小刀的模樣(image) 一邊度過每一天喔
閉上眼回到我殘缺不全的房間
在這場不論過多久 都彷彿不會放晴的霧中

到那一望無際的熱帶莽原(savanna)去 驅馳柔韌強壯的雙足
到那暮色蒼茫的熱帶莽原去 讓不再回眸的眼睛炯炯發光
血淋淋的夢想獲得寬恕 趁著心還沒乾的時候
在這裏的我們是 從猿猴演變到人類的過程中 被分裂的枝椏

當蜜橘色的滿月膨脹起來的午後 6 時
我發現了20號車牌的銀色金龜車(silver beatle)
這次一定會有什麼好事發生吧
在這場不論過多久 都彷彿不會放晴的霧中

你是那麼地小 毫無防備到近乎悲哀
無知而無憂無慮地 雖然溫柔卻是個騙子
就快到了吧 在你 3 月的生日那天
我會送你一把獵刀這類粗獷玩意兒 等著吧

4. 海ねこ
詩・曲:草野正宗/編曲:長谷川智樹 with スピッツ

はじめからこうなるとわかってたのに
宝物のありかはわかってたのに
おそろしくいい天気だ
寂しそうに流れていくわた雲を追いかけて行こう

今日  一日だけでいい
僕のとなりでうたっていて

明日になれば僕らもこの世界も
消え失せているのかもしれないしね

今日 一日だけでいい
僕と二人で笑っていて

はじめからこうなるとわかってたのに
宝物のありかはわかってたのに

今日 一日だけでいい
僕のとなりでうたっていて

 

 

4. 海貓
中譯:Orika

明明打一開始就知道會變成這樣
明明早就知道寶物的下落
還是在這驚人的好天氣
去追逐那彷彿寂寞飄流而去的 綿花般的雲朵吧

只要今天一天就好了
待在我身旁歌唱吧

到了明天 我們也好這世界也好
或許都將消失無蹤也說不定呢

只要今天一天就好了
和我兩個人一同歡笑

明明打一開始就知道會變成這樣
明明早就知道寶物的下落

只要今天一天就好了
待在我身旁歌唱吧

5.
詩・曲:草野正宗/編曲:長谷川智樹 with スピッツ

君のまつ毛で揺れてる水晶の粒
本当は一人ぼっち
壁に描いた緑のドアをあけて
広がる  時の海

だけど君はもう気づきはじめるだろう
変わりゆく景色に
月のライトが涙でとびちる夜に
涙でとびちる夜に

選ばれて君は女神になる
だれにも悟られず

そして君はすぐ歩きはじめるだろう
放たれた魂で
月のライトが涙でとびちる夜に
涙でとびちる夜に
涙でとびちる夜に

だけど君はもう気づきはじめるだろう
変わりゆく景色に
そして君はすぐ歩きはじめるだろう
放たれた魂で
月のライトが涙でとびちる夜に
涙でとびちる夜に
涙でとびちる夜に

 

 

5.
中譯:Orika

在你的睫毛上搖綴著的 水晶顆粒
真的是孤伶伶一人
開啟那扇繪於牆上的綠色大門
鋪展開 時光之海

然而你已經開始察覺了吧
逐漸改變的景色
在月光因淚水而紛飛的夜裏
因淚水而紛飛的夜裏

雀屏中選的你 成為女神
不被任何人理解

然後你旋即邁出步伐了吧
以被放逐的靈魂
在月光因淚水而紛飛的夜裏
因淚水而紛飛的夜裏
因淚水而紛飛的夜裏

然而你已經開始察覺了吧
逐漸改變的景色
然後你旋即邁出步伐了吧
以被放逐的靈魂
在月光因淚水而紛飛的夜裏
因淚水而紛飛的夜裏
因淚水而紛飛的夜裏