ALBUM number インディゴ地平線 1996.10.23
專輯封面
1. 花泥棒
2. 初恋クライジー
3. インディゴ地平線
4. 渚
5. ハヤテ
6. ナナへの気持ち
7. 虹を越えて
8. バニーガール
9. ほうき星
10. マフラーマン
11. 夕陽が笑う、君も笑う
12. チェリー
 


滑鼠點擊日文歌詞中的
變色字串,可參看相關註解。
如欲轉載中譯歌詞,請務必註明出自
織歌蟲網站



インディゴ地平線
印度藍地平線 (靛青地平線)

1. 花泥棒
詩:草野正宗/曲:三輪徹也/編曲:笹路正徳 & スピッツ

どうせ一度なら 心が向かうまま 花泥棒 花泥棒
あの娘に似合いそうな花を見つけたぞ 花泥棒 花泥棒

この花を渡せたら それが人生だ!

走るよ ありったけ 力が尽きるまで 花泥棒 花泥棒
逆に奪われて すべて奪われて 花泥棒 花泥棒

ああ 夢で会う時は すごくいいのにさ!

花泥棒 花泥棒 花泥棒 花泥棒

 

 

1. 偷花賊
中譯:Orika

反正也只有一次  乾脆隨心所欲 當個偷花賊 偷花賊
找到蠻適合那丫頭的花朵囉 當個偷花賊 偷花賊

把花交給她 才算人生啊!

跑吧 直到精疲力盡 當個偷花賊 偷花賊
反而被搶走了 全被搶走了 偷花賊 偷花賊

啊 在夢中相會時 明明那麼棒的說!

偷花賊 偷花賊 偷花賊 偷花賊

 

2. 初恋クレイジー
詩・曲:草野正宗/編曲:笹路正徳 & スピッツ

見慣れたはずの街並みも ド派手に映す愚か者
君のせいで大きくなった未来
夢の世界とうらはらの 苦し紛れ独り言も
忘れられたアイスのように溶けた

誰彼 すき間を抜けて おかしな秘密の場所へ
君と行くのさ 迷わずに
言葉にできない気持ち ひたすら伝える力
表の意味を超えてやる それだけで

軽いベーゼで満たされて 遠吠えしてた常日頃
違う四季はあっという間に過ぎて

心のプロペラまわす バカげた秘密の場所へ
約束だよね 二人きり
優しくなれない時も 優しくされない時も
隠れた空は青いだろう 今のまま

泣き虫になる 嘘つきになる 星に願ってる
例えば僕が 戻れないほどに壊れていても

誰彼 すき間を抜けて おかしな秘密の場所へ
君と行くのさ 迷わずに
言葉にできない気持ち ひたすら伝える力
表の意味を超えてやる それだけで
超えてやる それだけで

 

 

2. 初戀狂熱(crazy)
中譯:Orika

在蠢蛋眼中 早應看慣了的街道 都無比光鮮地輝映著
因為有你而無限遼闊的未來
與夢中世界背道而馳 情非得已的自言自語
也像被遺忘的冰塊(ice)一樣溶解了

是誰和誰 從空隙溜出 到那古怪的祕密地點去
和你一塊兒去吧 我不會迷路的(毫不猶豫地)
難以言喻的心情 憑著一心一意想傳達給你的力量
將超出字面上的含意 再沒別的了

被輕輕一個吻(法 baiser)脹滿 興奮到朝遠方狂吠的日常生活
更迭的四季一轉眼就過去了

轉動心中的螺旋槳(propeller) 到那荒謬的祕密地點去
說好了喔 就我們兩人
即使是體貼不起來的時候 即使是不被體貼的時候
那躲起來的天空也是蔚藍的吧 一如此刻

向星星許願 讓我變成愛哭鬼 變成大騙子
就算假設我已經損壞到難以修復的程度

是誰和誰  從空隙溜出  到那古怪的祕密地點去
和你一塊兒去吧  我不會迷路的
難以言喻的心情 憑著一心一意想傳達給你的力量
將超出字面上的含意 再沒別的了
將超出字面上的含意 再沒別的了

 

3.インディゴ地平線
詩・曲:草野正宗/編曲:笹路正徳 & スピッツ

君と地平線まで 遠い記憶の場所へ
溜め息の後の インディゴ・ブルーの果て

つまずくふりして そっと背中に触れた
切ない心を 噛んで飲み込むにがみ

逆風に向かい 手を広げて
壊れてみよう 僕達は希望のクズだから

歪みを消された 病んだ地獄の街を
切れそうなロープで やっと逃げ出す夜明け

寂しく長い道をそれて
時を止めよう 骨だけの翼 眠らせて

凍りつきそうでも 泡にされようとも
君に見せたいのさ あのブルー

君と地平線まで 遠い記憶の場所へ
溜め息の後の インディゴ・ブルーの果て

逆風に向かい 手を広げて
壊れてみよう 僕達は希望のクズだから

凍りつきそうでも 泡にされようとも
君に見せたいのさ あのブルー
少し苦しいのは 少し苦しいのは
なぜか嬉しいのは あのブルー

 

 

3. 印度藍(indigo)地平線
中譯:Orika

與你一直走到地平線那頭 前往遙遠記憶的所在
在嘆息之後的 印度藍(indigo blue)盡頭

假裝絆倒的樣子 偷偷碰了一下你的背
那是將我痛楚的心 嚼碎後吞嚥下去的苦澀

迎著逆風 張開雙手
試著就此崩壞吧 因為我們是希望的碎屑啊

攀著快斷裂的繩索(rope)  從那所有歪曲皆被抹煞﹑
病入膏肓的地獄街道 好不容易才逃出去的那個黎明

繞過那孤寂而漫長的路途
煞住時間吧 讓這雙僅存骨架的翅膀 沈睡

縱使就要冰封凍結 縱使即將化為泡沬
還是想讓你看一看啊 那藍色

與你一直走到地平線那頭 前往遙遠記憶的所在
在嘆息之後的 印度藍盡頭

迎著逆風 張開雙手
試著就此崩壞吧 因為我們是希望的碎屑啊

縱使就要冰封凍結 縱使即將化為泡沬
還是想讓你看一看啊 那藍色
感到一絲絲痛苦的是 感到一絲絲痛苦的是
卻又為何令人雀躍的是 那藍色

 

4. 渚
詩・曲:草野正宗/編曲:笹路正徳 & スピッツ

ささやく冗談でいつも つながりを信じていた
砂漠が遠く見えそうな時も
ぼやけた六等星だけど 思い込みの恋に落ちた
初めてプライドの柵を越えて

風のような歌 届けたいよ
野生の残り火抱いて 素足で走れば

柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで

ねじ曲げた思い出も 捨てられず生きてきた
ギリギリ妄想だけで 君と

水になって ずっと流れるよ
行きついたその場所が 最期だとしても

柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで
渚は二人の夢を混ぜ合わせる 揺れながら輝いて

輝いて …  輝いて …

柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで
渚は二人の夢を混ぜ合わせる 揺れながら輝いて

 

 

4. 沙灘
中譯:Orika

始終相信竊竊私語時的戲言 其中必有某種關聯
連砂漠在遠方依稀可見(看起來好像很遠)時亦然
我雖是黯淡無光的六等星 也墜入了一廂情願的戀情
頭一遭跨越自尊(pride)的柵欄

如風般的歌 願能傳達給你喲
倘若擁著野生的餘燼 赤腳奔向你的話

那些柔嫩的日子將濺染上浪花的聲音 幻覺啊 請別醒來

連已經扭曲變形的回憶 也拋捨不開地就這樣活過來了
滿腦都是瀕臨極限的妄想 和你一起

化為水波 不停向前奔流吧
哪怕最終抵達的彼方 即是末日

那些柔嫩的日子濺染上浪花的聲音 幻覺啊 請別醒來
這片沙灘糅雜了兩個人的夢 盪啊盪地漾著粼粼波光

波光粼粼 ...  波光粼粼 ...

那些柔嫩的日子濺染上浪花的聲音 幻覺啊 請別醒來
這片沙灘糅雜了兩個人的夢 盪啊盪地漾著粼粼波光

 

5. ハヤテ
詩・曲:草野正宗/編曲:笹路正徳 & スピッツ

気まぐれ 君はキュートなハヤテ
倒れそうな身体を駆け抜けた
言葉は やがて恋の邪魔をして
それぞれ カギを100個もつけた

でも会いたい気持ちだけが 膨らんで割れそうさ
間違ってもいいよ

なんとなく 君の声が聞こえて
はりきって ハートを全部並べて
かっこよく 鳴りひびいた口笛
振り向くところで目が覚めた

ただ 微笑むキューピッドのことばっかり考えて
飛び込めたらなぁ

晴れそうで 曇り 毎日 小雨
もう二度と壊せない気がしてた
でも会いたい気持ちだけが 膨らんで割れそうさ
間違ってもいいよ
気まぐれ 君はキュートなハヤテ

 

 

5. 疾風
中譯:Orika

善變的你 是可愛的(cute)疾風
穿透我快倒下去的身軀
言語終歸是戀愛的障礙
一個一個 安裝了 100 把之多的鑰匙

但是唯有想見到你的心情 鼓漲到快迸裂啦
就算是我搞錯了也好啊

不知怎地 總覺得聽到了你的聲音
把緊繃的心房(heart)全部一字排開
帥氣地吹響了口哨
正要回過頭去的剎那間卻醒了過來

不過啊 我滿腦子思量著那個面露微笑的丘彼特(Cupid)
假使祂飛進來的話呢

快放晴了 多雲 每日 小雨
意識到這次可不能再搞砸了
但是唯有想見到你的心情 鼓漲到快迸裂啦
就算是我搞錯了也好啊
善變的你 是可愛的疾風

 

6. ナナへの気持ち
詩・曲:草野正宗/編曲:笹路正徳 & スピッツ

誰からも好かれて 片方じゃ避けられて
前触れなく叫んで ヘンなとこでもらい泣き
たまに少しクールで 元気ないときゃ眠いだけ
大事なこと忘れていった

ガラス玉のピアス キラキラ光らせて
お茶濁す言葉で 周りを困らせて
日にやけた強い腕 根元だけ黒い髪
幸せの形を変えた

だからナナ 君だけが ナナ ここにいる
ナナ 夢がある 野望もある
たぶんずっと

街道沿いのロイホで 夜明けまで話し込み
何も出来ずホームで 見送られる時の
憎たらしい笑顔 よくわからぬ手ぶり
君と生きて行くことを決めた

だからナナ 君だけが ナナ ここにいる
ナナ 夢がある 野望もある
たぶんずっと

街道沿いのロイホで 夜明けまで話し込み
何も出来ずホームで 見送られる時の
憎たらしい笑顔 よくわからぬ手ぶり
君と生きて行くことを決めた

 

 

6. 給娜娜的心情
中譯:Orika

不管是被誰喜歡上了 都是可以單方面迴避的
毫無預警叫囂起來 在詭異的地方陪著你哭
偶爾我是有些酷(cool) 打不起精神只是想睡
忘記重要的事了

你讓玻璃珠串成的耳環 一閃一閃亮晶晶
含糊其詞 讓周圍的人傷透腦筋
將那被太陽曬黑的強壯手臂 和只有髮根烏黑的頭髮
變幻成幸福的形狀

所以啦娜娜 只有你 娜娜 待在這兒
娜娜 我有夢想也有野心
大概一直都能這樣吧

在沿街的樂雅樂(Royal Host)店內 和你暢談至天明
當你站在什麼事都沒發生的月台(platform)上 目送我離去時
我帶著可憎的笑臉 和自己也搞不大懂的手勢
當下便決定要和你一起活下去

所以啦娜娜 只有你 娜娜 待在這兒
娜娜 我有夢想也有野心
大概一直都能這樣吧

在沿街的樂雅樂店內 和你暢談至天明
當你站在什麼事都沒發生的月台上 目送我離去時
我帶著可憎的笑臉 和自己也搞不大懂的手勢
當下便決定要和你一起活下去

 

 

7. 虹を越えて
詩・曲:草野正宗/編曲:笹路正徳 & スピッツ

モノクロ すすけた工場で
こっそり強く抱き合って
最後の雨がやむ頃に
本気で君を連れ出した

虹の向こうへ 風に砕けて
色になっていく 虹を越えて 虹を...

漫画のあいつと遊ぶ日も
蚕の繭で寝る夜も
遠い目の子供のように
みんな あらすじ書き変えた

虹の向こうへ ツメの先から
解き放っていく 虹を越えて 虹を...

すぐ届きそうな熱よりも
わずかな自由で飛ぶよ 虹を越えて

何もかも 風に砕けて
色になっていく 虹を越えて 虹を越えて
虹を越えて 越えて

 

 

7. 飛越彩虹
中譯:Orika

被煙燻成單色調(monochrome)的工廠中
我們偷偷抱得好緊
當最後的那場雨停的時候
我當真帶你出來了

朝彩虹的彼端 在風中粉碎
漸漸幻化成七彩 飛越彩虹 彩虹 …

就連跟漫畫中那傢伙廝混的日子
就連睡在蠶繭中的夜晚
我都像遠視的小孩一樣
把一切 全都改寫成大綱

朝彩虹的彼端 從指甲尖端
解放出來 飛越彩虹 彩虹 …

憑藉著那 比頃刻間就要到達的熱度
還要渺茫的自由 起飛吧 飛越彩虹

所有一切 都在風中粉碎
漸漸幻化成七彩 飛越彩虹 飛越彩虹
飛越彩虹 飛越 …

 

 

8. バニーガール
詩・曲:草野正宗/編曲:笹路正徳 & スピッツ

寒そうなバニーガール 風が吹いた
意地悪されて 震えていた
恋は恋は 何故かわがままに
光のシャワーを 闇に向けた
俺もまたここで続けられそうさ そんな気がした曇りの日

only you の合図で 回り始める
君と落ちてく ゴミ袋で受け止めて

夢見たあとで 夢に溶けた
灯りを消して 一人泣いた
「いいなぁ いいなぁ」と人をうらやんで
青いカプセルを 噛み砕いた
名も知らぬ君に 気に入られようと 底の無い谷を飛び越え

only you  世界中が口を歪める
君に消される 砂嵐にさらわれて
俺もまたここで続けられそうさ そんな気がした曇りの日

only you  世界中が口を歪める
君に消される
only you の合図で 回り始める
君と落ちてく ゴミ袋で受け止めて

 

 

8. 兔女郎(Bunny girl)
中譯:Orika

看起來好像凍壞了的兔女郎 吹著寒風
遭人惡整 正不住發著抖
戀愛啊戀愛啊 為何自顧自地
將傾瀉而下(shower)的萬丈光芒 淋向了黑暗
連我好像都還可以在這裏繼續啊 有那種感覺的陰天

發出only you 的信號 開始迴轉
和你一起掉下去 用垃圾袋接住

做了一個夢之後 便溶滲入夢中
關了燈 一個人哭泣
嘴裡唸著「好好喔 !  好好喔 ! 」羨慕著他人
一口咬碎了藍色的膠囊
彷彿被不知名的你看上眼似的 飛越無底深淵

only you 全世界歪著嘴
被你殲滅 被砂塵暴捲走
連我好像都還可以在這裏繼續啊 有那種感覺的陰天

only you  全世界歪著嘴
被你殲滅
發出only you 的信號 開始迴轉
和你一起掉下去 用垃圾袋接住

 

 

9. ほうき星
詩:草野正宗/曲:田村明浩/編曲:笹路正徳 & スピッツ

錆びついた扉が はじめて開くよ
僕らは ほうき星 汚れた秋空
ゆらゆら さまよう 魂を巻き込む
祈りを受け止めて 流れに逆らって

今 彗星 はかない闇の心に そっと火をつける
弾丸 桃缶 みんな抱えて 宙を駆け下りる

つながって遊べば どこかで切れそうだ
静かに近づいて 涙を乾かした

今 彗星 はかない闇の心に そっと火をつける
哀愁 街中 すぐにはがれて 何度甦る

今 彗星 はかない闇の心に そっと火をつける
弾丸 桃缶 みんな抱えて 宙を駆け下りる

彗星 はかない闇の心に そっと火をつける
哀愁 街中 すぐにはがれて 何度甦る

 

 

9. 掃把星
中譯:Orika

這是我頭一回去推開 那扇長滿鐵銹的門扉喔
我們是 污濁秋空中的掃把星
將搖搖晃晃 無所適從的魂靈 席捲進來
接納了祈求 逆流而上

現在那顆彗星 在我飄忽不定的黑暗心靈中 悄悄點燃了火光
子彈 桃子罐頭 全都抱走 從天際劃下去

如果和你手牽手一起玩 總覺得有哪裏好像快斷掉似的
你靜靜靠近來 拭乾了我的淚

現在那顆彗星 在我飄忽不定的黑暗心靈中 悄悄點燃了火光
整條街的哀愁 轉眼間就要剝落 幾度甦醒過來

現在那顆彗星 在我飄忽不定的黑暗心靈中 悄悄點燃了火光
子彈 桃子罐頭 全都抱走 從天際劃下去

現在那顆彗星 在我飄忽不定的黑暗心靈中 悄悄點燃了火光
整條街的哀愁 轉眼間就要剝落 幾度甦醒過來

 

 

10. マフラーマン
詩・曲:草野正宗/編曲:笹路正徳 & スピッツ

赤いマフラーが 風を受けて
燃えるほどに スピード上げてく
肌をさすような 光浴びて
ずっと僕は 走りつづける

マフラーマン いつも君を探す
ハイパーな愛に賭ける

泣き疲れて いやな思い出も
みんなもとめて すり潰してく
軽い判断で 放つブラスターが
健全な悪を 吹き飛ばしてく

マフラーマン エスパーが君を襲う
スポンサーの後悔を超えて

流された毒さえも 甘い味がする
安上がりな幸でも 今なら死ねる

マフラーマン 太陽もいつか消える
グルーヴィーに エンジンをふかす

マフラーマン いつも君を探す
ハイパーな愛に賭ける

 

 

10.紅巾俠(muffler-man)
中譯:Orika

紅色的圍巾飄呀飄 承受著風阻
狂飆到引燃車身
沐浴在彷彿扎入皮膚的光線
我會繼續一直飛馳下去的

紅巾俠啊 總是尋覓你的行蹤
賭上我超高(hyper)(音速)的愛

已經哭累了 連討厭的回憶也
全部匯集在一起磨碎了
憑著輕率判斷而發射的雷射槍(blaster)
把四肢健全的惡念全給趕跑

紅巾俠 我的超能力(和 esper)將突襲你
超越贊助者(sponsor)的後悔

甚至連被沖走的的毒素 都是甘甜的滋味
就算只是廉價的幸福 此刻要我死都行

紅巾俠 太陽遲早也會消失
就讓我拉風地(groovy) 馬力全開吧

紅巾俠 總是尋覓你的行蹤
賭上我超高(音速)的愛

 

11. 夕陽が笑う、君も笑う
詩・曲:草野正宗/編曲:笹路正徳 & スピッツ

ここにいる 抱き合いたい ここにいる
やたら無邪気な演技で 泣けちゃうくらい
求める 胸が痛い 求める
君はいつも疲れて 不機嫌なのに

夕陽が笑う 君も笑うから 明日を見る
甘いしずく 舌で受け止めてつないでいこう

怖がる 愛されたい 怖がる
ヘアピンカーブじゃ いつも傷ついてばかり
さまよう 何も無い さまよう
中途半端な過去も 大切だけど

夕陽が笑う 君も笑うから 明日を見る
勝手に決めた リズムに合わせて歩いていこう

夕陽が笑う 君も笑うから 明日を見る
甘いしずく 舌で受け止めてつないでいこう

夕陽が笑う 君も笑うから 明日を見る
勝手に決めた リズムに合わせて歩いていこう

 

 

11. 夕陽在笑 你也在笑
中譯:Orika

就在這兒 想和你相擁 就在這兒
憑這天真得離譜的演技 我甚至哭得出來
渴求著 胸口好痛 渴求著
雖然你老是很累 心情不佳的說

因為夕陽在笑 你也在笑 所以我看到了明天
甘美的汁露 用舌頭盛接並聯繫起來吧

好害怕 想要被愛 好害怕
每每總在180度大迴轉(髮夾彎,和 hairpin + curve)時受創
張惶失措 一無所有 張惶失措
即便是半途而廢的過去 也是很重要的

因為夕陽在笑 你也在笑 所以我看到了明天
配和著那任意決定的節拍 大步向前吧

因為夕陽在笑 你也在笑 所以我看到了明天
甘美的汁露 用舌頭盛接並聯繫起來吧

因為夕陽在笑 你也在笑 所以我看到了明天
配和著那任意決定的節拍 大步向前吧

 

12. チェリー
詩・曲:草野正宗/編曲:笹路正徳 & スピッツ

君を忘れない 曲がりくねった道を行く
産まれたての太陽と 夢を渡る黄色い砂
二度と戻れない くすぐり合って転げた日
きっと 想像した以上に 騒がしい未来が僕を待ってる

「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ
ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて

こぼれそうな思い 汚れた手で書き上げた
あの手紙はすぐにでも捨てて欲しいと言ったのに
少しだけ眠い 冷たい水でこじあけて
今 せかされるように 飛ばされるように 通り過ぎてく

「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ
いつかまた この場所で 君とめぐり会いたい

どんなに歩いても たどりつけない 心の雪でぬれた頬
悪魔のふりして 切り裂いた歌を 春の風に舞う花びらに変えて

君を忘れない 曲がりくねった道を行く
きっと 想像した以上に 騒がしい未来が 僕を待ってる

「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ
ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて
ズルしても真面目にも生きてゆける気がしたよ
いつかまた この場所で 君とめぐり会いたい

 

 

12. 櫻桃(cherry)
中譯:Orika

忘不了你 走在彎彎曲曲的路上
呱呱落地的太陽和  橫越夢想的黃砂
已經一去不復返了 那些互相搔癢著玩而摔跤的日子
一定 有超乎想像的喧鬧未來正在等著我

單憑著 "我愛你" 這句話的回響 就覺得自己可以變強喔
將這渺小的喜悅 幾乎要壓垮似地 緊擁在懷

用髒髒的手寫好了 彷彿要盈溢出來的綿綿情思
明明說過請你立刻丟掉那封信的
有一點愛睏 用冷水撬開眼皮
現在 就像被催促一般地 就像被放生一般地 要通過去了

單憑著 "我愛你" 這句話的回響 就覺得自己可以變強喔
總有一天 我想在這個地方 和你再度相遇

不管怎麼跋涉 都抵達不了 被心中冰雪所濡溼的臉頰
喬裝成惡魔的模樣 將碎裂的歌 轉化成春風中飛舞的花瓣

忘不了你 走在彎彎曲曲的路上
一定 有超乎想像的喧鬧未來正在等著我

單憑著 "我愛你" 這句話的回響 就覺得自己可以變強喔
將這渺小的喜悅 幾乎要壓垮似地 緊擁在懷
耍詐也好 認真也好 我想總是活得下去的喔
總有一天 我想在這個地方 和你再度相遇